FC2ブログ
Top Page › 製作 › スターウッドMDFとアピトン合板 マークⅩ プラド120
2015-06-28 (Sun) 18:21

スターウッドMDFとアピトン合板 マークⅩ プラド120

今回は私がやってみたいと思っていたことが実現しました

こちらは様からの依頼です。製作内容が濃かったので、お電話してよく確認してから製作しました
まずはアピトン合板を円形にカット
厚み9mm
外径190mm
内径151mmより広めになってます。
201506281552343e2.jpg

その後、今回ご購入されたバッフルへ(防水塗料を塗ってあった為、一度剥がしてから再度塗りました)
スターウッドMDF、プラド120用に貼り付けました
もちろん、木材専用のフランクリンのタイトボンドで貼り付けしましたよこいつで接着したら恐らく、剥がれないと思います。
色々と接着方法はあります。フィニッシュネイルや、隠し釘などありますが、私は素材に傷を付けたくないので
いつもこの方法にしてます。
多少多めに塗ってあるので、少し見た目は良くないかもしれません。ご了承ください。

H様よりスピーカー取り付け面は厚みを10mm増やしたいと言うことでしたので、このような仕様にしました。
本当は全てスターウッドMDFでのご希望だったのですが、
現在「スターウッドMDF」は15mmのみしか、取り寄せできないので
素材の変更をしていただきました。(アピトン合板9mm)に

そう、やってみたかった事とは違う素材との組み合わせです
このように車体取り付けベースは「スターウッドMDF」でスピーカー取り付け面は「アピトン合板
どちらもとても良い素材なので、きっと良い音を鳴らしてくれるでしょう
合計厚みは24mmですね。この厚みはA社のバッフルと同じですね(笑)
内径151mmなのでもしかして、カロッツェリアのハイエンドシリーズの17cmスピーカーを付けるかな?
と思っています。
20150628155256de5.jpg
このように様々な素材と組み合わせる事が出来るのは良いですよね
車体取り付けベースは素材の値段の下げて、(厚みも9mm程度にする)スピーカー取り付け面は良い素材にする。(その分厚くする)
逆も有りだと思います。そこはお客様次第ですね。
このように素材を組み合わせての製作も致しますので、お気軽にお問合わせください
こちらまでbrax1000x4@yahoo.co.jp
素材は
アピトン合板 9mm 12mm 15mm
シナアピトン 15mm 18mm 21.f5mm 25mm 30mm
フィンランドバーチ 9mm 12mm 15mm 18mm 24mm 30mm
スターウッドMDF  現在15mmのみ
市販MDF 5.5mm~30mm製造上ない厚みもございます。


こちらも様です。追加製作しました。
素材 スターウッドMDF 厚み15mm
外径90mm 内径77mm 3枚
外径77mm 内径68mm 3枚 バッフル面が5mmほどしかないので加工が大変でした
素材が硬いのでまだよかったです。
外周面に少し加工傷が入っていましました。ご了承ください。
201506281552459c6.jpg



こちらは前回紹介したバッフルです。
知り合いの物なので少し手は抜いています(笑)その分安くしてます(笑)
ポリエステル樹脂を塗り、黒く塗装しました。
画像のようにスピーカーケーブル溝も追加加工してます。
20150628155357efe.jpg


申し訳ありませんが、今後はバッフル面7mm以下は料金を上げようと思います。(下の参考画像見てください)
大体ですが、バッフル面が6mm程度になっていると思います。
失敗のリスクがかなり高いのと、素材とは別に色々と材料費が掛かる為です
他にも細いので毎回加工中に手が当ります(笑)皮手袋してなかったら、血まみれですね
ご理解ください
20150628172624c68.jpg
スポンサーサイト



2015-06-28

Comments







非公開コメント