FC2ブログ
Top Page › 製作 › シナアピトン スラント加工と背圧処理
2016-01-26 (Tue) 20:00

シナアピトン スラント加工と背圧処理


こちらは A 様からのご依頼です。

形状 円形
素材 シナアピトン
厚み 15mm
外径 165mm
内経 141mm
枚数 4枚

正方形300×300 2枚
こちらは仕入れ先でカットしてもらいました。

◎その他の加工◎
円形にスラント加工と背圧処理45度


スラント部は一番高い所15mmで、低い所は8mmにしました。
全てこの仕様にしました。角度で言うと大体9度から10度ぐらいです。

背圧処理に合わせてスラント加工をしました。始めは6mmを予定していましたが、
背圧処理の部分が無くなってしまうので8mmまでにしました。

今回も大変でした
まずは斜めに粗削りして、それから面出しです。
斜めに削ると言っても、簡単ではありませんよ。削り過ぎたらゴミになります

私はあるやり方で斜めに削っています
これが無いとかなり大変ですね…

その後、面だしですね。一番低い所を9mmまで削り、残りの1mmは手作業で削ります。
綺麗な面になるように、少しづつ削って行きます。
力の入れ具合で削れ方が変わってしまうので、全体を均等に力を入れて削ります。

面出しに1枚当たり、30分ぐらい掛っていると思います。
そして8mmまで削り、400番のヤスリで全面削り、
完成です





全体の画像です。
20160124115427a95.jpeg

スラント加工
15mmから8mmへ
20160124115319ebe.jpeg

背圧処理45度へ
20160124115410274.jpeg


角度を分かりやすく見せる為に、4枚重ねました。
201601241154478c1.jpeg


電話でのお問い合わせは 9時 から 19時 まで

※電話に出れない事が多いので、お昼もしくは、18時以降でしたら、スムーズに電話対応出来ると思います。

※注意点※
こちらから電話の掛け直しはしません。
通話料はお客様負担となりますのでご了承ください

なるべくメールでのお問い合わせをオススメします。

※ドメイン指定をされてる方、解除後にお問い合わせをお願い致します。

メールの返信が出来ませんので宜しくお願い致します。


070-1471-7997


製作依頼や、見積もり、お問い合わせこちらへ⇒ arbre.workshop@gmail.com


スポンサーサイト



2016-01-26

Comments







非公開コメント